声優オーディション

声優のオーディションで、もっとも重要なのが、声です。声優は声が命と言っても過言ではない職業なので、声を大切にしなくてはなりません。アニメのキャラクターに合った声やキャラクターの幼少期から大人になるまでの声を1人の声優が演じることもあります。声の音域や変化を求められることが多くあります。特に女性の声優よりも男性の声優の方が、声の変化を求められることが多くあります。また、声優は、声だけで演技するということも求められます。そのため、ある程度の演技力も必要となります。

声優になるために専門学校や声優の養成所に通う人もいます。声優の養成所に入る場合もオーディションを受けなくてはならないことがあります。声優の養成所は、声優プロダクションが運営している場合もあるので、養成所で優秀な成績を残せれば、その声優プロダクションに所属できる可能性もあります。専門学校や養成所に通う以外にも、インターネットなどで、公募しているオーディションもあります。そういったオーディションを地道に受けキャリアを積んでいくという方法もありますが、やはり、声優としてプロダクションに所属している方がオーディションを受ける際にも何かと有利になってきます。

日米での違い

歌手になりたいと思う人、カメラマンになりたいと思う人、スポーツ選手になりたいと思う人など、人それぞれなりたい、やりたい仕事、職業は違いますが、何らかの夢を持っている人が世の中には、たくさんいます。その中でも芸能界を夢見る人は多くいます。芸能界で活躍するための第一歩としてオーディションを受ける必要があります。俳優になるためには、まず芸能事務所に所属し、俳優になるためのレッスンを受ける必要があります。

日本では、芸能事務所に所属して、ドラマや映画のオーディションを受けるのが一般的ですが、アメリカでは、ビデオテープオーディションが一般的になってます。ドラマや映画などのオーディション情報が公開されるとその場所に自分が演技をした映像をデモテープのようなものにして送ります。アメリカは、日本に比べるとオーディション場所や開催日時など詳細内容が比較的オープンな部分があり、演技の素人でもオーディションを受けることが可能です。そのためオーディションの手配やデモテープの作成もすべて1人でやるという人もいます。日本では、一部のオーディションは芸能関係者にしか明かされないことが多く、日本での俳優活動を目指す場合は、芸能事務所に所属していたほうが活動はしやすいです。

様々なオーディション

芸能関係で仕事をするためには、特定のオーディションに合格する事が最低限必要となります。しかし、人気の分野となると倍率が高くなるため、長年、活躍できずにいるという方も少なくありません。実際にメディアに登場している方々は、そのようなオーディションで合格したという技術者が多いです。当サイトでは、様々なオーディションに関する情報を紹介しています。

芸能界で活躍するためには、事務所などに所属したのち、オーディションを受ける必要があります。海外ではビデオテープを送付して審査してもらうという形がありますが、国内では書類審査や面接、その他技能の審査が行われるのが一般的です。海外では一般の方も手軽にオーディションへと応募する事が可能な分野もあるのですが、実際にオーディションを開催する情報というのは、事務所を通した方がわかりやすく、一般の方が受けづらい形式になっている事が多いようです。

日本の中でも高い人気があり、倍率が高い分類としては声優のオーディションです。これは声で仕事をする分野なのですが、養成所に通い、技術などを身につけていく事が必要です。また、プロダクションに所属しているほうが、オーディションを受ける際に有利になったり、実際に開催されるときの手続きなどがしやすくなります。当サイトでは、このようなオーディションに関連する情報を紹介しています。これから声優など、芸能関係を目指したいと検討中の方はぜひ、チェックしてみてはいかがでしょう。