日米での違い

歌手になりたいと思う人、カメラマンになりたいと思う人、スポーツ選手になりたいと思う人など、人それぞれなりたい、やりたい仕事、職業は違いますが、何らかの夢を持っている人が世の中には、たくさんいます。その中でも芸能界を夢見る人は多くいます。芸能界で活躍するための第一歩としてオーディションを受ける必要があります。俳優になるためには、まず芸能事務所に所属し、俳優になるためのレッスンを受ける必要があります。

日本では、芸能事務所に所属して、ドラマや映画のオーディションを受けるのが一般的ですが、アメリカでは、ビデオテープオーディションが一般的になってます。ドラマや映画などのオーディション情報が公開されるとその場所に自分が演技をした映像をデモテープのようなものにして送ります。アメリカは、日本に比べるとオーディション場所や開催日時など詳細内容が比較的オープンな部分があり、演技の素人でもオーディションを受けることが可能です。そのためオーディションの手配やデモテープの作成もすべて1人でやるという人もいます。日本では、一部のオーディションは芸能関係者にしか明かされないことが多く、日本での俳優活動を目指す場合は、芸能事務所に所属していたほうが活動はしやすいです。